完全に汚れを除去するために

正しいフロスの使用方法

歯茎を傷つけないように

歯と歯の間は、通称コンタクトと呼ばれています。
コンタクトは、人によって個性があると覚えておきましょう。
ピッタリとくっついて隙間がない人もいますし、隙間が空いている人もいます。
コンタクトに隙間がないのに無理にフロスを通そうとすると、歯茎を傷つけるのでしないでください。
すると出血した歯茎が弱ったりして、病気の原因になってしまいます。

うまくフロスを使えない人は、正しい使い方を歯医者に聞いてください。
そのために、歯医者に行くのが良い方法です。
ついでに口内環境をチェックしてもらい、普段の歯磨きが正しいのか判断してもらいましょう。
定期検診に行くと、仮に虫歯になっていてもすぐ気づいて、そのまま治療を開始できます。

異変が起こっている時

虫歯になりかけていたり、詰め物が合っていなかったりした時はフロスが途中で引っかかってしまいます。
無理にフロスを通そうとすると、虫歯が悪化したり詰め物が取れたりするのでフロスを外してください。
糸巻タイプなら、横へ引き抜くと外れます。
ホルダータイプの場合は、糸をハサミで切って外しましょう。

虫歯だったら治療しなければいけませんし、詰め物が外れそうな時は、再び詰めてもらう必要があります。
どちらにしても自分の力では何もできないので、放置しないで歯医者に行ってください。
虫歯になりかけている段階だったら特に痛みも感じず、スムーズに治療できます。
そのように、初期の虫歯に気づけるというのもフロスを使うメリットです。