完全に汚れを除去するために

できれば毎食後が良い

フロスを使う理由

歯磨きだけで、口内の掃除を終わらせた気にならないでください。
実は歯ブラシだけでは、全体の50パーセント程度しか汚れを落とせていないと言われています。
まだ汚れが残っている状態だと、虫歯菌が繁殖するのでフロスを使ってください。
フロスと呼ばれる糸ようじを使うと、全体の80パーセントほどの汚れを除去できます。
歯と歯の隙間は歯ブラシでは磨きにくく、汚れが溜まることが多いです。

虫歯にならないために、フロスを積極的に使ってください。
若い頃から、歯を大事にする習慣を身に付けることが重要です。
すると高齢になってからも口内の病気にならず、自分の歯を維持できます。
若い人でもまだ大丈夫だと思わず、今から取り組んでください。

使うべきタイミング

食事をした後は、口内にたくさんの汚れが溜まっています。
それらを除去するためには、フロスを使ってください。
しかし忙しくて、なかなかフロスを使う時間がない人もいるでしょう。
そのような人は、夜にだけ使っても構いません。
夜なら、じっくりと歯を磨く時間を確保できると思います。

さらに虫歯菌は、夜の寝ている間にたくさん繁殖します。
ですから眠る前に口内環境を清潔にすることが、虫歯予防に繋がります。
歯を磨く時やフロスを使う時は、鏡を見てください。
すると自分がどこを磨いたのかわかりますし、磨き残しがあることにすぐ気づけます。
何かをしながら歯を磨くのは、良い方法ではありません。
歯を磨くことや、フロスを使うことに集中してください。