フロスは毎日するべきか

完全に汚れを除去するために

おすすめリンク

大阪で矯正歯科を探すときのワンポイント

最新の治療法で歯並びをきれいにしたいあなたに、大阪で矯正歯科を探すときのワンポイントを伝授。

できれば毎食後が良い

歯磨きだけでは、まだ不十分だと言われています。 口内の汚れを完全に除去するためには、フロスを使わなければいけません。 毎食後に行うのがおすすめですが、時間がない人もいると思います。 その場合は、1日1回でも構いません。 特に夜の寝る前に使うと、虫歯予防になります。

汚れを完全に除去するため

食事の後は、歯を磨く習慣があると思います。
しかし歯ブラシだけでは、汚れを完全に除去することができません。
特に歯と歯の隙間に食べカスが残り、バイ菌が繁殖してしまいます。
そこで、フロスを使ってください。
フロスとは糸ようじのことで、歯と歯の隙間など細かいところの汚れも落とせます。
できれば毎食後に、フロスを使ってください。
しかしどうしても時間がない人は、1日1回でも構いません。
その場合は、夜にフロスを使うと良いですね。

フロスを使うことで、口臭も予防できるメリットがあります。
口臭も歯垢や食べカスが原因なので、いつも口内を綺麗にすることを心がけてください。
フロスには、糸巻タイプとホルダータイプの2種類があります。
どちらでも汚れをしっかり落とせるので、使いやすい方を選んでください。
自分の歯に合うものを選ぶために、様々な製品を使って比較するのがおすすめです。

歯と歯の間が緩い人もいれば、ピッタリとくっついている人が見られます。
ピッタリと歯がくっついて、隙間がないところに無理やりフロスを通さないでください。
すると歯茎や傷つき、出血する恐れがあります。
うまくフロスを使えない時は、歯医者に行って医師に正しい使い方やコツを聞いてください。
フロスが引っかかる場合は虫歯になりかけていたり、詰め物が外れたりしている可能性があります。
それも無理にフロスを通さずに使用をやめて、歯医者に行って口内をチェックしてもらいましょう。

口内の臭いが気になっている人

あまりにも口臭がひどいと、周囲に迷惑を掛けてしまいます。 それもフロスで改善できるので、さっそく取り組んでください。 自分に合ったフロスを選びましょう。 それぞれの製品によって持ち手や糸の太さが異なるので、気になった製品をどんどん使うのが良い方法です。